ユーザーの分身をつくるサービス「al+」が5億1700万円調達!

株式会社オルツは、ジャフコから5億1,700万円の資金調達を実施しました。

ユーザーの人格をコピーし、クラウド上に第2の自己を作りだして受け答えしてくれるサービス「al+」(オルツ)を開発しています。

同社は「パーソナル人工知能」と呼んでおり、SNSやメールなどのやり取りからユーザーのデータを集め人格を作りあげるというものです。

今回の資金は、国内外の研究者及び技術者の積極採用に活用されます。

5月12日にパーソナル人工知能に関するカンファレンスを開催する予定です。製品発表が行われます。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする