LINEが運用型広告に参入 タイムラインに広告を配信

平成28年3月24日、LINE株式会社は、プライベートカンファレンス「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催しました。

そこで「LINE AD Platform for everyone」が発表されました。

これは、大企業向けの一斉配信のみだったLINEの広告配信サービスを運用型広告に転換するという内容です。

具体的には、2016年6月から、LINEタイムラインへの広告配信を開始します。

ユーザー属性と興味関心に基づくターゲティング広告が配信される仕組みです。

関連記事はこちら

ビジネスアカウント「LINE@」にコマース機能が搭載


トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら