中小企業の人材不足が経営革新の足枷に

商工組合中央金庫の調査により、中小企業の人材不足が挑戦の足枷になっていることがわかりました。

中小企業は、製品開発や生産改善、販売手法の見直しなどの経営革新に取り組んでいますが、これらを遂行する障害については「能力のある人材が不足」の回答が68.9%と突出した結果となっています。

また、労務管理や職場組織の改編、教育・研修などで新しい方法に取り組んでいる企業は、業況が「良い」とする回答割合が比較的高いものとなっています。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする