宇宙ゴミを掃除する「Astroscale」が3500万ドル調達!

シンガポールと東京を拠点とするスタートアップのAstroscaleは、最大3,500万ドル(約39億4,000万円)の資金調達を実施しました。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去技術を開発しています。

現在、10センチを超えるスペースデブリは、地上からのレーザーにより検知し、スペースシャトルや国際宇宙ステーションの軌道を変更し対応しています。

しかしそれでは小さなスペースデブリは見逃してしまいます。秒速7.5kmで移動するスペースデブリは小さくても甚大な被害をもたらします。

Astroscaleが開発する「ADRAS 01」は粘着剤を登載した補足衛星で、粘着剤でスペースデブリをつかまえ、大気圏に再突入させるというものです。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする