動向が謎な最新AR開発「Magic Leap」が8億ドルを調達!

アメリカ・フロリダを拠点とする、謎多きスタートアップのMagic Leapが、7億9,350万ドル(約911億6,500万円)の資金調達を実施しました。

IT史上過去最大規模の資金調達となります。

Magic LeapはVR・AR技術である「シネマティック・リアリティ・デバイス」を開発していますが、詳細は謎に包まれています。

投資をした中国大手EC企業のアリババからは、副会長・蔡崇信(ジョゼフ・ツァイ)氏が役員に加わる予定です。

今回の資金により、製品を市場に流通させるまでの期間が短縮されます。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする