映像分析「Vidyard」が3500万ドル調達

映像を分析するスタートアップのVidyardが、3,500万ドル(約40億4,800万円)の資金調達を実施しました。

映像の視聴者データを分析し、既存のマーケティングツールと連携させます。

マーケティング・オートメーションツールや、マーケティングに映像が使われることが多くなってきているいま、双方をつなぐVidyardのニーズが高まりそうです。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする