排便予測デバイス「D Free」が最大1.2億円調達!

平成28年2月4日、トリプル・ダブリュー・ジャパンは、最大1億2,000万円の資金調達を実施しました。

排泄予知ウェアラブルデバイス「D Free」を開発しています。

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の実施する「STS助成金事業」に採択され、最大で7,000万円の補助金が受けられます。

また、ハックベンチャーズからも5、000万円の資金調達を実施したと発表しました。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする