米・オラクルと独・SAPが日本市場攻略へ

ソフトウェア・クラウド事業領域大手のアメリカ・オラクルと、ドイツ・SAPが日本市場で中堅・中小企業攻略を急いでいます。

日本オラクルとSAPジャパンは、主力事業をクラウド事業へと移行している最中で、新規市場の開拓が必須となっています。

売上高200億〜1,000億円の企業群を「ミッドマーケット」が特に成長している事業だと位置づけ、特に取り込みを強化します。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする