インドの相乗りサービス「LiftO」が13万ドル調達

インド・ムンバイを拠点とするP2Pのライドシェアリングサービス「LiftO」が13万ドル(1,600万円)の資金調達を実施しました。

2016年の3月までに500万ドルの資金調達を計画しています。

インドの配車サービスOlaがUberに対抗するため相乗りサービスをリリースしたりなど、ライドシェアリング市場も競争が激化しています。

詳細はこちら

インドのライドシェアリングサービス「LiftO」が13万ドルを資金調達

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする