信用組合の中小・ベンチャー向けファンド設立の動き広まる

中小・零細企業に出資する信用組合が中小・ベンチャー企業向けのファンドを設立する動きが広まっています。

10月に秋田と福島の信用組合が新設し、12月には第一勧業信用組合も創設します。

第一勧業信用組合は数億円を調達し、若者・女性の起業を支援します。

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする