厚生労働省調査 非正規雇用が4割に

厚生労働省は、就業形態の多様化に関する総合実態調査の結果を発表しました。

これによると、パート・派遣労働などの非正規雇用の割合が、昨年10月時点で40.0%となり、はじめて4割に達しました。

非正規雇用の理由のトップは「賃金の節約」で、38.6%でした。

詳細はこちら

非正規雇用が4割に 「賃金の節約」が理由のトップ

関連記事はこちら

はじめて社員を雇用する -「雇用形態」編-


トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら