シビックテックスタートアップ「OpenGov」が2500万ドル調達

自治体や政府のデータのビジュアライズやデータ分析を行うOpenGov2,500万ドル(約30億円)の資金を調達しました。

データの分析を通して、自治体の経営状況の可視化や課題の発見などの支援を行っています。

今回の資金は、ビジネスモデル構築、自治体にたいしてよりメリットを提供できるためのサービス設計などを行っていくことなどに使われます。

詳細はこちら

シビックテックスタートアップのOpenGov、2500万ドルの資金調達とシリアルアントレプレナーのマーク・アンドリーセン氏が経営陣に参画

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする