経済データを作成する「Premise」が5000万ドル調達

新興国のモバイルワーカーを活用し経済データを作成しているPremise5,000万ドル(約60億円)の資金を調達しました。

32ヶ国25,000人のコントリピューターと呼ばれるワーカーを活用してレポートを作成し、世界銀行、金融機関、国連などに提供しています。

コントリピューターは現地の大学生、在宅ワーカーなどで構成されています。

今回の資金は人材採用に活用されます。

詳細はこちら

人力×テクノロジーで新興国の経済データを作成するPremiseが5000万ドル調達

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする