中小企業の課題に「人手不足」が急浮上

平成27年10月8日、商工組合中央金庫は「中小企業の経営改善策に関する調査」を発表しました。

これによると、中小企業の経営課題について「人手不足」の回答割合が35.7%となり、2013年の前回調査の2.2倍、前々回調査の約7倍となりました。

また、業況のいい企業ほど人手不足の危機感が強いことがわかりました。

詳細はこちら

中小企業の経営課題、「人手不足」が急浮上-商工中金調べ

関連記事はこちら

起業後に良い人材を採用するコツ『DODA』木下学編集長 インタビュー

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする