3Dモデルのライセンシングを目指すSource3が400万ドル調達

アメリカ・ニューヨークを拠点とする3Dモデルのライセンシング・プラットフォームの構築を目指すベンチャーのSource3400万ドル(約4.8億円)を調達しました。

Google出身者が集まって設立されたベンチャー企業です。

YouTubeの課金モデルを構築したメンバーで構成されており、同様の課金モデルを3Dプリンター市場に構築しようとしています。

今回調達した資金は、スタッフの採用とシステム開発に使われます。

詳細はこちら

ソース3、シードファンディングで400万ドルを調達

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする