日銀決定会合により現状の政策維持の方針

平成27年9月15日、日本銀行は金融政策決定会合を開きました。

金融政策については当面維持するという方針が決定されました。

景気や物価の上昇率は低調ですが、黒田総裁は会見では強気の姿勢でした。

期待インフレ率「ブレークイーブンインフレ率」は低下傾向ですが、黒田総裁は「予想物価上昇率は総じて見ておおむね横ばい」と強調しています。

物価上昇率は2015年から上昇しており、7月には0.9%に拡大しましたが、エネルギーを含めた物価上昇率は0%で、2%のインフレ目標達成は厳しいという見通しです。

詳細はこちら

日銀決定会合、現状の政策維持-景気判断は据え置き

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする