住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」のMFSが9000万円を調達!

日本初の住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」を開発・運営するMFSが、総額約9,000万円の資金調達を実施しました。

調達先は、電通デジタル・ホールディングスマネックスベンチャーズなど3社です。

「モゲチェック」は住宅ローンを条件の有利なほかのローンに変えることで数百万円ほど減額する消費者向けのアプリです。

全国120行1000本以上の住宅ローンをランキングしています。

MFSは借り換えの申し込みなどの煩雑さについて、軽減できる方策も検討しています。

詳細はこちら

住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」のMFSがマネックスなどから9000万円の資金調達

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする