8月の企業の資金調達が世界的に低調 中国株安の影響

平成27年8月の株式と社債の発行額は世界合計で約1,600億ドル(約20兆円)でした。これは、約4年ぶりの低調です。

中国景気や変動の激しい金融市場により投資家が慎重になっているもようです。

金融市場は金融緩和によりカネ余りの状態にあり、リーマン・ショック後の状態にはならなさそうですが、長期資金の調達ができず、成長戦略の見直しが迫られます。

詳細はこちら

企業の資金調達落ち込む 8月、4年ぶり低水準

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする