家庭用アシスタント・ロボットの「Jibo」が13億円を調達

平成27年8月5日、家庭向けソーシャル・ロボットの「Jibo」を開発するJibo, Inc.は、約13億円(1100万ドル)の資金を調達したと発表しました。

投資をしたのは、電通ベンチャーズ、KDDI、Acer、NetPosa、LG Uplusなどです。

この資金により、日本、中国、台湾、韓国への進出をはかる予定です。

「Jibo」はクラウドファウンディングのIndiegogoから発表されたプロジェクトで、すでにベンチャーキャピタルから2530万ドルの資金を調達しています。

詳細はこちら

家庭用アシスタント・ロボット、Jiboが日本へも―電通V、KDDI他からアジア展開のために1100万ドルを調達

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする