瞑想でメンタルヘルスを整えてみた 

創業手帳

瞑想でメンタルヘルスを整えてみた

meditation2

労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、平成27年12月1日に施行された。

起業家にとっても、会社を経営するというのは想像以上に脳に負担を与えるものだ。もちろん、創業期のベンチャー起業家にとって、適度なプレッシャーは良い意味での緊張感につながり、活力をもたらすかもしれない。

本文を読む

しかし、日頃ネアカな経営者であっても、キャッシュフローや社員のマネジメントのことを四六時中考える事で発生する過度な負担は脳の稼働率を下げ、最悪の場合には精神を蝕んでしまう。

そこで、どのような事が脳へ負担になるのかを理解し、余計な負担を減らすことでメンタルヘルスを健全な状態に保ちたい。

マルチタスクを減らす

仕事を進める上で「マルチタスク」が脳に大きな負担を与えると言われている。朝は社員に指示を出しつつ取引先に電話をかけ、昼は営業に出かけつつもサービス企画で頭がいっぱいになり、夜は帳簿と睨めっこをしながら部下の愚痴を聞くなど、経営者に「マルチタスク」は付いて回るものであろう。

しかし、人間の脳は構造上、複数の作業を同時に行える様には出来ていないらしい。具体的なタスクの量としては、最大で2つが限界で、3つを超える量のタスクを同時に行うことは出来ないことがフランス国立保健医学研究所の研究で明らかになっている[1]。

また、その結果として脳内のメモリが不足している状態になる為、ベンチャー企業家に必要な「創造性」までも低下してしまう恐れがある。

「自分は同時にいくつものタスクをこなせるぜ!」という優秀な経営者も、実のところは脳内では各タスクの切り替えを高速で行っているだけであり、脳内でのタスク切り替えの際にはその都度、脳に負担がかかっている。

さらに近年の脳科学の研究では、この負担の蓄積により、脳内に副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾール(ヒドロコルチゾン)が増え、記憶を司る海馬を萎縮させる事が分かっている[2]。



とは言え、現実的には、電話やメール、SNS、部下からの相談、突発的なトラブルなど、ベンチャー企業の経営者がマルチタスク状態を避けることは難しい。

対策として、例えばそれぞれの情報源に「接する時間」を明確に分けて(思い切って時間ごとに遮断して)、緊急なもの・優先度の高いものから「1タスク1タスク順に早く終わらせる」習慣を身に付けるだけで脳の負担を減らす事が出来るかもしれない。

この記事のタグ:,

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す