『創業ストーリーアワード』大賞は医療ICTの「シェアメディカル」

「創業ストーリーアワード」(主催:ビズシード株式会社 代表取締役:大久保幸世)では、本日、大賞並びに各賞受賞計9企業を発表しました。本アワードの大賞には、医療ICT事業である「株式会社シェアメディカル」が選出されました。

「創業ストーリーアワード」は、ビズシード株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:大久保幸世)が展開する起業家プラットフォーム『みんなの創業手帳』上にて投稿された「創業ストーリー」を選考対象とし、大賞を選定するアワードです。
今回は、起業に込められた強い想いと、事業の可能性、成長性、社会性など総合的な判断の元、審査が進められました。創業手帳で創業相談を連日多数受ける創業アドバイザー、経営経験豊富な社外アドバイザーで協議の上、大賞1社、奨励賞5社、社会貢献賞1社、地域貢献賞1社、女性起業家賞1社の計9社の受賞が決定しました。

みんなの創業手帳について】
ビズシード株式会社が2016年10月にローンチした『みんなの創業手帳クラウド』は、起業家が自社商品やサービスのアピール及び人材募集ができる機能や、起業家同士、時には専門家を交えて情報交換をする交流の場としてご利用いただけるサービスです。

受賞企業は以下の通りです。

・大賞 シェアメディカル
・奨励賞 計5社
  株式会社 アイエフラッシュ 
  決戦用レンタルホイール専門店 RIDE-FORWARD
  一般社団法人日本ゆいごん書協会
  株式会社TANOsim
  株式会社勝央体験ファクトリー
・社会貢献賞 株式会社STELLA・MARIS
・地域貢献賞 Domaine des Tengeijis
・女性起業家賞 Cake Aventure ケークアバンチュール

大賞となった創業ストーリーは、3.11の強烈な体験を元に、医療業界のITテクノロジー分野で挑戦をする企業「株式会社シェアメディカル」です。同社は、人と人とのコミュニケーションのための医療ITという理念のもと、大災害を含むいかなる状況下においても安定した医療が受けられる社会を目指しています。

医療業界は、依然としてアナログな部分も多く残っており、同社の医療ICT技術による社会貢献性と将来性が高く評価され、今回の受賞となりました。

尚、大賞の受賞式は2/22にお台場で行われる「the SOHO×創業手帳セミナー」上で執り行われます。

応募された創業ストーリーはこちらから一覧で確認できます:みんなの創業手帳「創業ストーリー」

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする