無料で開店相談できる「飲食開業相談室」を開設。『創業手帳』『飲食開業手帳』が運営

会社の母子手帳『創業手帳』(http://sogyotecho.jp/)を運営するビズシード株式会社は、飲食店の開業者が無料で経営相談をできる「飲食開業相談室」を開始しました。開業に関する疑問を創業手帳アドバイザーに無料で相談することができます。東京・大阪・福岡の三か所で対面による相談、また電話により全国から受け付けています。

アドバイザー

『創業手帳』『飲食店開業手帳』を運営する、ビズシード株式会社(本社:東京都中央区 代表:大久保幸世)は、飲食店開業者が無料で開店の相談できる飲食開業相談室(http://sogyotecho.jp/consulting_inshoku/)を開始しました。東京・大阪・福岡の三か所で対面による相談、また電話により全国から相談を受け付けています。(7月6日サービス開始)

飲食事業は参入障壁の低いビジネスであり、誰でも比較的簡単に開業することができます。しかしその廃業率は非常に高く、飲食店は1年間で約半分が廃業し、平均寿命も2年といわれています。短期間で廃業に追い込まれる原因は、開業・経営に対する圧倒的な知識・情報不足です。

『創業手帳』は飲食業界だけでなく様々な業種の開業、創業に役立つ情報を提供しています。また創業手帳アドバイザーによる「創業ガイダンス」(http://sogyotecho.jp/)を通じて開業者の詳細な経験・行動のデータベース化と分析・検証を行うことで、共通性や精度の高い開業の知識・情報を無料で発信することが可能となっています。

一般経営者向けの創業ガイダンスには以前より飲食開業者からの相談もあったが飲食に特化した相談サービスを始めるのは初。創業ガイダンスを利用した開業者から「開業して2ヶ月の状態の為、全く知識の無い融資周りについては優先順位から後回しにせざるを得ない状況だった。相談を受けることで解決し、次のアクションも明確になった。今後の事業を進める上で非常に有益な時間が過ごせた」という声もあり、飲食開業相談室の開設及び無料化に踏み切った。

飲食開業相談室の詳細:http://sogyotecho.jp/consulting_inshoku/

consulting_inshoku_main

記事掲載/紹介をご希望の方へ

創業手帳Webへの記事掲載についてはこちらからお気軽にお問い合わせください

記事掲載について問い合わせする