はじめての海外進出を考えたらジェトロ(JETRO)へ行こう!(海外投資編)

創業手帳

ジェトロ(JETRO)を活用して海外投資をする

global_reach_figure01従来、比較的資金にゆとりのある企業や大企業など、限られた企業が海外に参入するケースが目立ったが、安倍政権の打ち出した「成長戦略(日本再興戦略)」により、国を挙げて海外の活力を日本へ取り入れようとする気運が高まっている。企業のニーズにマッチした制度や仕組みがあれば、中小企業も海外へとビジネスの幅を広げることができる。海外展開支援を行うジェトロに、海外投資、貿易などの支援についてお話を伺った。

本文を読む

ジェトロ(JETRO)を活用して海外投資のリスクを減らす

ジェトロでは国内42事務所、海外76事務所のネットワークを使って、国内外企業の海外進出支援をしています。国内ではどのような準備が必要かをはじめとして初歩的なご相談も受け付けております。準備が整い、投資を進めていくことになった場合、どこの国に行くのか?というようなビジネス戦略を綿密に作って行きます。

進出先の国では、スタートアップ、知的財産登録、その他ビジネスに必要な各種手続き先の紹介、アドバイザーやコーディネーターといった専門家による実務レベルのサポートを行っています。

どのような分野の海外進出が多いのですか?

物づくりの分野では、販路を拡大するため所得水準の向上している新興国、とりわけアジア新興国への進出が顕著です。最近多いのはサービス分野の進出です。レストランや教育などのサービス分野は、日本における一定程度の雇用や事業を確保した上で、海外でさらに事業を展開していけるのでプラスアルファーなビジネス展開が可能です。日本的なサービスはあまり海外に根付いておらず、比較的マーケットをとりやすい状況にあります。

しかし、現地の情報がなかなか自分たちでは取れなかったり、地場のサービス企業を保護するために外資規制が敷かれていたりする場合もあり、日本の企業が簡単に参入できません。そこで、現地に配置しているジェトロのアドバイザーが参入に向けてのポイントやパートナー選びのコツ等を、現地の専門的な知識を活かしてご提案させていただいております。

どのような国への投資が多いのですか?

投資という観点で海外へ出て行かれるお客様は中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)等アジアが8割を占めています。実際、私共が日本の各地で開催しているセミナーなどでもASEANへの問い合わせが非常に多く、ここ近年注目の地域であると実感しております。ASEAN各国に商社やメーカーで駐在経験を持つアドバイザーを配置し、海外ブリーフィングだけではなく、具体的な手続きや現地の販路などのご相談を受けています。ジェトロは公的な機関ですので、これらの支援を無料で行っています。

創業手帳送付申込み 創業手帳Web読者プレゼント

創業手帳

カテゴリーから記事を探す