ホームページは“安く・正しく・柔軟に”

定額ホームページ作成パック

スタートアップ・中小企業のための集客できるホームページの作り方

本文を読む

「会社にとってのホームページは、ビジネスマンにとっての名刺だ」と言われることがある。業種を問わずほとんどの企業がホームページ作成する時代になり、ホームページは低コストで自社のサービスや製品を不特定多数の人にPRしたり集客するための半ば必須の手段となっている。

一方で、「せっかく綺麗にホームページを作っても、ホームページが見てもらえない」という悩みを抱える企業も少なくない。

逆説的に言うと、ユーザに見てもらえるような集客力のあるホームページを制作することができれば、低コストで大きな効果を生むことができ、事業を進める上で大きなメリットになる。自社のサービスや製品のPRにコストをかけることができないベンチャー企業や中小企業こそ、そのメリットは大きい。

ここでは、ベンチャー企業や中小企業向けに、初期費用無料のホームページ作成サービスを展開しているアンドバリュー社 代表取締役社長の鈴木氏に、スタートアップや中小企業が、集客力のあるホームページを構築する際のポイントについてお話を伺った。

鈴木 良治(すずき りょうじ)
アンドバリュー株式会社 代表取締役社長
京都大学農学部卒業後、リクルートに入社。ベンチャー企業取締役やコンサルタントを経て、アンドバリュー社を設立。同社代表取締役社長。

>>詳細プロフィール

資金力のないスタートアップにこそホームページが必要な時代

― そもそも事業を始めるにあたってホームページは必要なのでしょうか?

鈴木:はい。資金力がない中小企業やスタートアップ企業にとってこそ必要だと思います。その理由は3つあります。

第一に「ビジネスマンはやはりホームページを見る」からです。みなさんがある会社に業務を依頼しようと思ったり、提携先を探したりする時など、まずホームページをみると思います。これは初対面でまずその人の名刺をみるように、その会社の情報を短時間で知る方法として定着しているので、ホームページがないとビジネスチャンスを失うことにもつながります

第二に「世界中のあらゆる人に分け隔てなく情報発信できる」からです。確かに最近はTwitterやFacebook などのSNSやアメブロなどのブログもあり、ホームページなしに会社を運営することも可能ですが、ホームページはSNSやブログとは異なり、すべての人に情報を伝えることができます。

これはオープンなメディアかクローズドなメディアかの違いで、SNSやブログはクローズドなメディアだといえます。なぜならTwitterはTwitterを使っている人へ、FacebookはFacebookを使っている人への情報発信に最適化されており、それ以外の人には届きづらい場合があるからです。例えばアメブロでは有名人ブログが優遇され、一般人や中小企業のブログには行き着きにくいですよね。

一方でホームページは、個別のサービスに最適化されているわけではなく、全ての人に分け隔てなく情報を伝え集客出来るオープンなツールです。こちらから情報発信しないとなかなか認知されない中小企業にとって、これは大切なことだと思います。

第三に「それぞれのサービスのハブとなるような使い方が出来る」からです。例えば、私たちはホームページで作成した記事を、FacebookやTwitterに自動反映させる機能を提供していますが、このような機能を持ったホームページを利用することで、複数メディアを管理する際に必要なコストも下げることが出来ます。ですからホームページは、資金力がない中小企業やスタートアップに非常に適したツールだと思います。

会社のPRのためには先ずホームページを作成し、必要に応じてSNSやブログなどを追加して行くのが良いでしょう。

この記事に関連する記事

定額ホームページ作成パック

カテゴリーから記事を探す