創業期こそ「日報」で社内共有を円滑に!「gamba!」

創業手帳

株式会社gamba 代表取締役社長 森田昌宏氏 インタビュー

仕事を進める際に欠かせないのが関係部署や上司・部下との情報の共有だ。それらを漏らさず行うために、日々日報や月報という名の報告書の作成に労力と時間を費やしている方も多いのではないだろうか。「日報」という習慣を、メンバー同士のコミュニュケーションツールとしてとらえ、お互いの業務の「見える化」ができるとしたら…仕事の能率とモチベーションの向上に大きく寄与し、社内の生産性を高められるはずだ。NTT研究所、Klab、楽天などを経たご自身のビジネス経験を踏まえ、日報共有システム gamba!を立ち上げた森田社長にお話を伺った。

森田昌宏社長

本文を読む

gamba!誕生のストーリー

どうしてgamba!を作ろうと思ったのですか?

森田:サラリーマン時代、お客様とのやり取りの内容をメール等で関係者へ報告していたのですが、社内のコミュニュケーションが意外と通じていないと思うことがよくありました。案外メールを読んでもらっていなかったりするので、報告したのであれば、読んだ側も、どういう風に伝わったのか意思表示をとる必要があるのです。

もう一つヒントになったのは、楽天のやり方です。各自の目標を設定して、皆で達成に向かって頑張っていく。そして、コミュニュケーションが円滑に行われていない場合はその改善がきちんと整備されていて、それらが、彼らの強みになっていると感じました。そこで、「目標設定と実行」・「コミュニュケーションの円滑化」をもっと使いやすい形でお客様に提供するサービスをコンサルティングで届けるのではなく、ツールとして使っていただけないかと思ったのがgamba!の始まりです。
gamba!トップページ
gamba!を利用することにより自然と企業が進化し、組織に浸透していくようなサービスであれば、魅力があると思うのです。


よく見る光景〜喫煙コーナーでのやりとり〜をめざして

gamba!の担う役割はどのようなものですか?

森田:楽天を辞める1・2年前から何回か企画を作りながら今の形にしていきました。喫煙コーナーなどで、「お客さんのところに営業に行って、どういうことを言われました、こういう話を聞いてきました、あんな話がありました」と部長さんに普通に話し、部長さんも「じゃあこういうことしたらいいんじゃないの?こんなことやったら?こっち行ったら?」とアドバイスしたりする。そんな日常繰り広げられている社内のごく普通のコミュニュケーションが大事だったりするのです。

でも、最近は喫煙コーナーも減っているし、普通のコミュニュケーションが取りづらくなっているのではないかと感じ、自然に社内の手間にならない形でgamba!を使ってコミュニュケーションをとって頂けることを目指しました。

お客様から評価していただいている点は、朝礼とか終礼という形で従来からやっていたコミュニュケーションを見える形にしたところです。そのようなツールは今まであまりなかったですし、特に外出が多い方や、あちこちに部署が分かれている方や、現場などの方は今までラインやメールといった手段で行っていたことを、gamba!でシンプルに行えているところがお客様に価値を感じて頂いているポイントだと思います。

これからどのように発展していくのですか?

森田:勤怠とか、名刺のデータ管理、CRMの売上の情報とか、お客さんとのコンタクトの履歴を日報の中に取り込んで行くとか、或いは行った先々の位置情報を取得して貯めとくとかですね。持ってきたものを日報にして出す形で連携する新しい機能を作っていく予定です。

創業手帳送付申込み 創業手帳Web読者プレゼント
創業手帳

カテゴリーから記事を探す