そうだ!商工会議所へ行こう!東京商工会議所インタビュー

創業手帳

商工会議所ってどんなところ?商工会議所活用のポイントを東京商工会議所に聞いてみました!

「商工会議所」は、国の法律に基づき、設置・運営されている民間の経済団体だ。全国各地に514存在し、入会することで、各種サービスを受けることができる。例えば東京にある東京商工会議所では、会員サービスが10カテゴリ100以上もあり、長く経営者たちに親しまれてきた。cci_fig2

本文を読む

商工会議所はこんな人にオススメ

  • 人脈拡大、販路開拓の場がほしい
  • 自社PR・情報収集のツールがほしい
  • 資金調達などの経営相談にのってほしい
  • 人材採用や育成などをサポートしてほしい

 

商工会議所は、身近な“よろず相談所”

商工会議所 経営指導員 岩澤 望 氏 インタビュー

取材協力:東京商工会議所 渋谷支部

−経営指導員として創業者の相談にものっていると思いますが、どのような相談が多いですか?

岩澤:商工会議所は、経営者にとって“身近なよろず相談所”のような役割ともいえるので、様々な相談にのっています。創業者の相談で多いのは、やはり資金繰りの問題ですね。創業期の経営は不安定ですから相談も多いです。

創業期の経営が不安定になるのは、計画通りに事業がまわらないからです。加えて、必ずしも全ての方が経営悪化の救済措置として融資を得ることができるわけではない。そうすると、困る方がでてきてしまいます。

−事業が上手くいかず経営が悪化する原因は何なのでしょうか?

岩澤:そうですね、一概には言えませんが、原因は、意外と本質的な問題であることが多いです。経営相談にのるときには、中小企業診断士と共に行うこともあるのですが、そこで浮き彫りになるのは、会社としてのブランドやポジショニングといった「会社そのもの」に関わる問題です。

−これまでのお仕事で印象に残っていることは何ですか?

岩澤:以前ある飲食店の経営相談にのらせていただいたことがありました。

個人事業として創業し、夫婦で経営していました。料理はすばらしいのですが、経営に関しての経験が豊富なわけではありません。

その方の問題は、広告費にたくさん資金を使ってしまい、運転資金がなくなっていたことです。精神的にも不安定になり、夫婦関係も悪化していました。基本的にはまず話を聞き、それからアドバイスをしますが、厳しい事も言うべきときには言います。どうにか経営が良い方向に向かってほしく尽力しました。

その飲食店は、今は経営も安定し創業3年目を向かえています。最初は落ち込んでいたお客様が次第にやる気になっていく様子をみていると、私も嬉しくなりますね!その方が商工会議所にいらしたきっかけは、商工会議所のチラシだったそうです。電話でお問い合わせをいただけてよかったと思っています。

cci_fig1

商工会議所のサービスとは? ~東京商工会議所の場合~

1.交流会に参加し、人脈拡大・販路開拓をしよう

東京商工会議所の活用方法は様々であるが、まずおすすめしたいのが交流会への参加だ。商工会議所では、新たな取引先との出会いを創出するビジネス交流会を開催している。

  • 異業種交流会「東商ビジネス交流プラザ」
  • その他、テーマ別、職種別、業種別など、様々な交流会

※ 参加費は地区や企画により異なります。

また、商工会議所には、自社の商品・サービスのPRや新しい案件を発掘できるビジネスサイトや、コストを抑えた販促支援サービスも提供しており、販路拡大、取引拡大、新規顧客獲得など、目的にあわせて活用できる。

2.経営相談をしてアドバイスをもらおう

各地域の商工会議所には経営指導員を始めとした相談体制が整っている。そのため、経営に関する様々な悩みや課題を相談することができる。例えば東京商工会議所では、以下のような相談窓口を設けている。

  • 経営相談をワンストップで力強く支援「ビジネスサポートデスク 」
  • 法律、税務、労務などの専門的な課題に対応する「窓口専門相談」
  • 海外展開ビジネスに関するご相談は「海外展開支援相談」
  • 個人事業の記帳や青色申告のご相談は「記帳相談」

3.融資制度のあっせんなど資金繰りに関するサービスを利用しよう

円滑な経営のために、融資制度のご紹介・あっせんなど資金面の支援サービスも利用することができる。中でも「マル経融資(注)」は利用者にとってもメリットが多く利用率が高い。(注:最近1年以上、同一会議所の地区内で事業を行っていることなどの条件あり)

  • 商工会議所が推薦する国の融資制度「マル経融資」
  • 利率が優遇される東京都の融資制度「小口資金融資」の経営指導特例
  • 会員限定で金利や手数料が優遇される「メンバーズビジネスローン」
  • 創業者と創業5年未満を対象とした「創業支援融資保証制度」

4.その他のサービス

人材採用・育成支援

新卒および即戦力の採用、従業員の育成、モチベーション向上に向けた各種支援サービス(会員価格で利用可能)。

プレスリリースサポート

共同通信PRワイヤーと提携し、プレスリリースを報道機関へ配信するサービス(会員価格で利用可能)。

共済・福利厚生

生命共済やPL保険を始めとした各種制度など、福利厚生代行サービスをスケールメリットを活かしてお手頃に利用可能。

信頼構築支援

国内外の商取引に必要な各種証明書の発行や、JANコード登録、環境・品質マネジメントサービスなどの支援。

創業セミナー

これから創業される方、創業間もない方を対象とした創業セミナー。資金の相談や融資制度の案内もしてくれる。

情報提供

インターネットやメールにて経営やビジネスに役立つセミナー、講演会、相談窓口、交流会、視察会、見学会、商談会、展示会などの情報を提供。また、各部会の講演会やシンポジウムにて最新の経済情勢、景気動向、業界情報などを得ることができる。

Q:「商工会議所」は公的な機関ですか?

A :東京商工会議所は、東京23区内の会員(商工業者)で構成される「民間の地域総合経済団体」です。1878(明治11)年に設立され、商工業の総合的な発達と社会一般の福祉の増進を目的に、以下の3つを柱として活動しています。

  1. 経営支援活動
  2. 経営に関するご相談、融資のご案内、ビジネス交流会など、企業経営の改善と新たな成長に向けて挑戦する企業をサポートする活動を実施しています。

  3. 政策活動
  4. 景況調査などにより企業の声を集め、国や都などに対して企業が活力を維持し円滑な経営を行うことができるよう、提言・要望活動を展開しています。

  5. 地域振興活動
  6. 観光・ビジネスの推進を始め、23区に設置された支部での活動等を通じて、地域経済を活性化するためのさまざまな活動を行っています。

 
cci_logo

東京商工会議所のご案内

渋谷支部

TEL:03-3406-8141

中小企業相談センター(東京23区内)

TEL:03-3283-7700

入会費用について
    • 加入金
      • 3,000円
    • 年会費
      • 法人・団体 15,000円〜
      • 個人事業主 10,000円〜
    • 入会資格
    • 東京23区内で営業されている商工業者であれば、法人、団体、個人事業主を問わずご入会いただけます。
      ※ 資本金などに準じます
      ※ 全額、損金または必要経費に算入可

この記事に関連する記事

創業手帳

カテゴリーから記事を探す