“追われる”電話対応にサヨナラ!「電話代行サービス」で業務効率を改善しよう

創業手帳

スタートアップに最適な電話代行サービス ベルシステム24の「e 秘書®」

BELL SYSTEM24

(2016/12/1更新)

少ない従業員で事業を回さなければいけないスタートアップ時の会社において、電話対応とそれに伴う業務に追われ、効率的な動きが出来なくなっている経営者の方も多いのではないだろうか。
そんな悩みを解決すべく、スタートアップ企業が活用すべき「電話代行サービス」についてまとめた。

本文を読む


電話代行の「e秘書」

創業期に気をつけるべき4つのNG

BELL SYSTEM24
本来の最優先事項は他にあるのに、電話対応と、それが発端の業務に追われ、頭を悩ませた経験はないだろうか。

BELL SYSTEM24

折り返しの対応が遅れてしまうことは自社の信用力の低下に直結する。スタートアップ時のビジネスシーンでは軽視できない問題だ。

BELL SYSTEM24

来た電話に対応するだけでは直接実績に繋がることはほとんどない。その時間は、本来会社に利益をもたらすための業務に使うべきだ。

BELL SYSTEM24

スタートアップ時には電話対応に充分な教育を受けさせたり、専任者を配置するような対応をとる余裕がない企業が大半だ。電話対応へのクレームが生じたとき、事業を進める上での足かせになるだろう。

電話の悩みを「電話代行サービス」で解決をする。

「電話代行サービス」は、顧客から会社にかかってきた電話をオペレーターに転送し、まるで自社の一員のように対応をしてくれるサービスだ。
不在時や繁忙期でも「まずは電話に出られている事実」は、顧客の信頼を得ることができ、スタートアップ期に導入すべきサービスだと言えるだろう。

オフィスにいなくても固定電話番号で信用力アップ

固定電話番号が不在になるというだけで、顧客が自社に抱くイメージはネガティブなものになり、ビジネスのチャンスを取り逃しかねない。これらを「電話代行サービス」が受けることによって、自社の信用を落とすことなく効率的な働き方ができる。

事業拡大のための営業活動に専念できる

電話対応にとられていた時間を、本来の営業活動に使うことができるので、ビジネス拡大にむけた直接的な行動ができる。また、オペレーターが通話内容を明瞭にしたメールを送ってくれるので、コールバックの優先順位を決め、効率的に業務を進めることが可能だ。

仕事の合理化でコストを削減

電話対応のプロであるオペレーターが、自社の事業の内容や知識を持った上で対応をするため、アルバイトを雇い、教育をする時間と費用を削減。結果、1人分の人件費よりも安価に即戦力を手に入れることができる。

BELL SYSTEM24

BELL SYSTEM24

電話受付を合理化するなら、株式会社ベルシステム24が提供する電話代行サービス「e 秘書®」がおすすめだ。スタートアップ企業が電話代行サービスを選ぶときにもっとも重要なのは、「電話対応を安心して任せられるかどうか」だ。

実績を持たないスタートアップ企業にとって、創業期は「信用を貯める」ための大事な期間といえる。会社自体の信用を左右する電話対応で、自社の“信用力”を上げるためにもっとも適しているのが「e 秘書®」だ。

他社を圧倒するサービス品質の高さ

ベルシステム 24 がもっともこだわっているのが「サービス品質」。創業から 30 年以上の実績をものにしたスタッフが研修やモニタリング指導で、高品質かつ安定したサービスを提供している。

20,000社以上に選ばれ、97%から絶大な信頼を得ている

「e 秘書 ®」は、これまでに20,000 社以上の企業に利用されている。同社が実施したユーザーアンケートによると、実に97.2% のユーザーが「他部署・関連会社・知人へ推薦する」と回答している。他社へ紹介できるほど、実際に利用しているユーザーの満足度は高く、信頼されているサービスだということがわかる。

BELL SYSTEM24

ワンランク上のサービスなら、「BELL Quick24 LCC」

電話代行では対応できないコールセンターニーズには、低価格コールセンターパッケージ「BELL Quick24 LCC」がある。
カスタマーサポートやキャンペーン事務局、英語対応などの業務におすすめだ。

BELL SYSTEM24

BELL SYSTEM24

(監修:株式会社ベルシステム24
(編集:創業手帳編集部)

電話代行の「e秘書」

創業手帳

カテゴリーから記事を探す