10月オープン!住まいのプロが手掛ける快適シェアオフィス「ビズスマート神田」の最新情報を公開

創業手帳

積和不動産が手掛ける「BIZ SMART 神田」が、凄い。

bizsmart_top

(2016/07/31更新)

「MASTの賃貸」でお馴染みの積和不動産が、1棟すべてがシェアオフィスという物件を新たにオープンさせることになった。積水ハウスグループの総合不動産企業として、これまで住居系のほか、自社ビルや一般オフィスの集金管理を含むプロパティ・マネジメント事業も行ってきた同社が、満を持してスタートさせるシェアオフィス事業とはーー。

今年10月に東京・神田にオープンするシェアオフィス「BIZ SMART 神田」の詳細最新情報を伺うとともに、利用者目線に立ったシェアオフィスへのこだわりや、今後の展開について話を聞いた。

10月OPEN!BIZ SMART 神田

選べる内装

bizsmart_interior分譲住宅の内装に携わっていた女性設計士が担当する各ブースは、間接照明やアクセントクロスを使用したり一室ごとにこだわった内装。

1人用ブースでもパーテーションではなく壁で区切られおり、全室エアコン付など快適なオフィス環境で仕事ができるだろう。

入会システム

初期費用
入会金:月額賃料1ヶ月分
    +
①保証金(賃料2ヶ月分)
②保証会社(賃料0.2ヶ月分)
(①か②どちらかを選択)
カード・振込・口座振替OK

多機能インターフォン

インターフォンを鳴らすとアプリ経由で登録者全員に情報が届く。スマートフォンに登録しておけば、どこに居ても応対でき、人数が少ない創業期には特に嬉しいシステムだ。

コンシェルジュサービス

9:00-18:00常勤のコンシェルジュサービスは総合受付業務だけではなく、賃料に含まれたサービスで(※)チケット手配やデリバリー手配、郵便・宅配便対応などホテル並みの内容。また、面倒なゴミ回収もビル管理で毎日行い、週2回個室清掃も行う予定だ。
※一部別途オプションサービス

交流会・セミナー

入居者同士の交流会や資金調達や起業家が悩まれるポイントを専門家に解説していただくセミナーやプレゼン大会など定期的に開催予定。

担当者が語る積和の新しいシェアオフィス

ーシェアオフィスを作ろうと思ったきっかけは?

事業開発部:オフィス事業を拡大することになり、「自社で賃貸オフィスを運営するのであれば、昨今の流れを汲んでシェアオフィスが良いのではないか」ということになりました。「住まいのノウハウを生かしたシェアオフィス」というものを世に広めていきたいと思っています。

ー具体的にどのようなシェアオフィスを作ろうと考えたのでしょうか。

事業開発部shareoffice210月以降に鍛冶町と神田富山町の2棟がオープンしますが、同じ神田エリアということもあり、鍛冶町はゆったりできる広めのタイプを、もう1箇所の神田富山町は1人用ブースを多めにして賃料を抑えました。

鍛冶町に関しては、これまで分譲住宅の内装に携わっていた女性設計士が担当したということもあり、お客様をいかに楽しませるかという見せ方にこだわっています。

例えば間接照明をふんだんに使ったり、フロアによってオフィス家具に変化を付けたり、そういった点が他のシェアオフィスと一線を画す点ではないでしょうか。

建物内には、レンタルオフィス、コワーキングスペース、貸会議室を用意しています。コワーキングスペースとロッカーをレンタルしていただければ法人登記も可能ですから、ぜひ起業家の方にも利用していただきたいですね。

ー他に特徴はありますか?

事業開発部:シェアオフィスの1人用ブースと言うとパーテーションで仕切られることも多いですが、私どもがご提供する部屋はすべて壁で区切られていて、全室にエアコンを完備しています。共有スペースには、壁のカラーや照明のトーンを落とした休憩室も用意しているので、そこではリラックスして過ごしていただけるのではないでしょうか。

また、弊社が手掛けるのはどれも1棟丸ごとシェアオフィスが中心ですから、そこから生まれる起業家のコミュニティを形成していきたいと考えています。例えば少なくとも2カ月に1回は必ず入居者同士の交流会やプレゼン大会を行い、ゆくゆくは仕事を回し合って協業のようなことを行っていく。

こちらとしても、面白いアイディアがあれば積極的に積水ハウスグループでも取り入れたり、お互いのビジネスにつなげていけるようなことができればと思っています。

ーサービス面についても教えてください。

事業開発部shareofficeインターフォンを鳴らすとアプリ経由で登録者全員のスマートフォンに情報が届き、受けた登録者がテレビ電話のような形で応対できる『多機能インターフォン』や、電話があった場合はアプリ経由で情報が届くサービスなど、オフィスを空けることが多い企業様にも満足していただけるサービスを考えています。

電話に関しては、IP電話の導入によって03ナンバーを利用できるようにしているので、起業家の方にとってはメリットになるのではないでしょうか(※)。ほかにも、ウィークデーは毎日オフィス内のゴミ回収と週2回清掃を行うなど、快適に過ごしていただけるサービスを用意しています。少し変わったところでは、保険が賃料に含まれているという点も珍しいかもしれません。
※電話サービスはオプション

例えばオフィス内で大切なパソコンや電子機器類などを破損してしまっても、そこは保険でカバーすることができます。積水ハウスはもともと「安全・安心の家」を売りにしているので、シェアオフィス関しても安心して使えるということを大前提としているのです。

コンシェルジュサービスはマンション系の会社に依頼しているため、オフィスの受付というよりは住居系に近い感覚かもしれません。

ー今後の展開を教えてください。

事業開発部:今後2年以内に茅場町、秋葉原、代々木、西新宿、東新宿の都内5箇所にオープンすることが決まっています。プランによっては相互利用も可能ですので、利用者の方にはオフィスを1箇所と決めず、ぜひいろいろなエリアでご自身の拠点を作っていただければ嬉しいです。

▼資料請求フォームの
シェアオフィス、コワーキングスペース「BIZ SMART 神田」(詳細資料)
をチェックしてください。図2

bizsmart_tel

(取材協力:積和不動産株式会社 事業開発部 事業1課
課長 大和 充典 / 主任 渡辺 光裕

(編集:創業手帳編集部)

この記事のタグ:,
創業手帳

カテゴリーから記事を探す